CEOご挨拶

昨年は、社名を株式会社T&Cメディカルサイエンスに変更し、医療関連事業へのコミットメントを更に明確なものにしました。

中核事業に位置付けている「EndoSCA(Endogenous Stem Cell Activator: 内在性幹細胞活性化因子)を使った再生医療」においては、核心的な新たな発見があり、ご指導いただける先生方も増え実用化への道筋が一気に具体化しました。クリニックの運営管理においても、我々が目指している次世代検診とEndoSCAを使った先制的自己再生医療の融合を実現させる新たなクリニックに前倒しで挑戦出来るチャンスに恵まれ、バングラデシュへの技術導入案件も進んでいます。こういった中長期的視点では大きな転換点を迎えている一方で、収益的には厳しい状況は変わっていません。医療機器製造販売、その他の事業での収益増を計画していましたが、計画通りには進みませんでした。

今年は、これまで我々が取り組み、挑戦してきた事業を具体化させ、それらを発信し、一人でも多くの方々にご理解をいただきご利用いただく年にしたいと考えています。我々がチャレンジしてきたことは、社会に革新をもたらし、貢献する事ばかりです。自信を持って進んでいきます。

バブル崩壊以降、あらゆる意味で停滞が続いた日本ですが、世界に目を向けると、地政学的な見地も含め、情勢が大きく変わろうとしていることは誰の目にも明らかです。これから起きる大きな変化を的確に予想することは出来ませんが、変化をチャンスに結びつけることは可能です。今こそ、我々チャレンジャーにとっては大きなチャンスです。我々が持っている経験、革新的な技術、ネットワーク等をフル活用し、チャンスを何としてでももぎとっていきます。

また、そうした事業・研究の進展・成果を積極的に公開し、株主の皆様をはじめステークホルダーの皆様により深いご理解をいただき、ご指導、ご鞭撻をお願いする所存です。何卒よろしくお願いいたします。

2017年1月

株式会社T&Cメディカルサイエンス
代表取締役 田中 茂樹